スポンサーサイト
2015.02.23 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
イージス事件簿:とある漁師のできるだけ疑問を解決編
2012.05.03 Thursday 22:05
こんばんは、たいさんです!



前回の日記「イージス事件簿」では大変お騒がせしましたm(_ _)m

※ネタバレ的なお話になるかもしれませんので、もし本編をお読みでなないようでしたら、まずは → こちらへ



この事件を綴った日記では、「ちょっとしたインパクト」と「ちょっとした謎」と「ちょっとしたお楽しみ」をお届け出来れば、という感覚でおりました。

都市伝説のような扱いで、今後一切この話題には触れるつもりは、ございませんでした。



しかし、蓋を開けてみますと・・・

「楽しかった!」「わくわくした!」「次回作は?」「奴って誰?」「事件の真相は?」などなど・・・・・

当初の予想を大幅に超え、いろいろな反応をたくさんいただき、私自身少々戸惑い気味ではありますが、大変嬉しく思っております。

ありがとうございました!



落とし所のない、永久ループ?・・・・・

そもそも、事件って何なの?・・・・・

「奴」とは?・・・・・・



いろいろと混乱を巻き起こしてしまっているようですので、

ここに何か一つの「回答」のようなものが記すことが出来ればと思いました。



読んでいただいた方、関わって下さった方への感謝の意味も込めて・・・・・



実は、私自身も事件に巻き込まれた側であり、すべてを知りうる立場ではございません。

そのため、これから申し上げることは、私の解釈であり、事実と異なる可能性があること、ご容赦いただければと思います。




──────────────────────────────────

「事件とは?」

他の5人の内容を読み解く限り、その事件というものの真相には深く触れられていない。あるいは、触れられないでいるように思いました。

実際に事件というものがあるということで、「調査を依頼する者」「調査を行う者」「疑いをかける者」「狙われる者」「実際に危機に巻き込まれる者」様々な様子が描かれてはいるのですが、どうも本質にたどり着く鍵は無いようにも・・・・。その証拠になるかどうかは定かではないのですが、日記のタグを拾い集めつなげてみたところ「事件なのか?」とも記されているわけですし・・・。

事件というのは、ロードストーンに混乱を引き起こすこと、それ自体が「事件」だったのではないのかなーと?

現時点では一番妥当な解釈ではないかと思うのですよね〜


「いったいなんのために?」

他の日記を書いたメンバーを見る限り、私の日記のUP回数とは比較にならない程の、ロドスト戦士のように思いましたwww これは事実だとおもいます、うん。

みなさん、本当にすごい魅力の持ち主の方ばかりで、継続は力なりみたいな、そんな勢いもあり、私は、ただただ「すごいな〜」といつも見守るばかりだったりもしますw

なんかすごい方たちが考えた、なんかすごいことらしいってところまでしか、よく理解できてないというw、

私は、晴れ時々、にわかロドストナーなので、正直なところよくわからないのであったw


「たいさんはなんで参加したかって?」

私の好みは、誰もやったことなさそうなことをやってみること。つまりサプライズを楽しむことですからね〜。「漁師でペイスト討伐」を達成したあたりから多分この流れは続いていて、「漁師ソロでドレイク討伐」、最近ですと、「他人の日記への返答」さらに「しりとりしながら質問に答え100コメまで返す」とかなんか、これは新しいかも?みたいなのは大好きだったりします。
※2012.05.04 5:00追記 漁師のみでLv50もサプライズなんだろうかw? 今となってはタイさんがタイさんであるための前提条件のような気がして、すっかり忘れてましたw

イベントへの参加レポートが多いのも、やっぱり主催者の方の努力に共感するところが多いからなんだと思いますね〜。何が起こるかわからないワクワク、新しい出会いであったり、そういうサプライズが多く含まれていることが理由なんだと思います。実際に行動を起こされて開催されている方には、いつも感謝の気持でいっぱいです。

今回のお話に関しましても、もしかしたらなにか新境地に導いてくれるそんな予感がしましたので、楽しみながら参加させていただきました〜



それ故に、なにか新しく進展がない限り、たいさんの日記は増えない感じなので、どうしても不定期な更新になってたりもするのですよね^^;

(という、言い訳です・・・正直面倒な人ってだけなわけですがw)


「事の発端は誰なの?」

多分このことが、一番みなさん興味がある話題なんじゃないかなーと思いました。つまり「真犯人」に当たる人は誰なのかと? 「ライターさん教えてください!」みたいなお話もありましたのでー

私は自分がそもそもの仕掛け人という認識がなかったので。昨日、参加メンバーには本当に「そもそも誰なの?」って聞いてしまったのですwww

一部、「タイさんだろーーー!?」 っていう反応もあったのですけどね、私は「物語を考えたこともないし、考える力もない。つまり無罪である。」とメンバーの皆さんにはお伝えしました! ことの発端も結局誰だったのか、たらい回し状態で全く解決する見込みが無いという。なんとも不思議な状態にw 別に悪いことした犯人じゃないのにねw ほんとみんな愉快な方たちばかりですw 


結局落とし所がないので、「(正直美味しいと思っていますw)」という切り札を持っている、タホさんにしておこうと、参加者一同、納得したところでお開きとなりましたw


「問い合わせ先は?」

今回の日記のことで、日記の主に問い合わせされた方も、今ログインしていないメンバー名を挙げてたらい回しにされ、結局解決しないという、こちらも本編同様にループを引き起こし、大変ご迷惑をおかけしていたことと思います。それではさすがに申し訳ないので、こちらも参加メンバーの皆さんと話し合い、問い合わせ先は、「ラッキー番長さんって言っておけば間違いない!」って流れになりましたw 「本人もきっと喜ぶよね〜うんうん。」って みんなヒドスぎwww イベント事みたいだからってねwww



(一応番長さん本人の発言のコピペ:「なんでも引き受けますよ!」だそうですw さすがだったw)


「奴とは、いったい?」

私の記事では、たった一言だけ「奴」という脅威を匂わせる存在について、語っています。これが解き明かされたら、なにかこの物語全体に渡る真相に近づけそうな気もします。私自身が書いたパートですので、現時点での私の解釈について申し上げようと思います。

「外敵」、「スパイ」そういう怪しい殺意をもった何かを連想するのが、自然な流れかと思います。が、それは、事件があったという前提でこそ、成り立つ設定。今回は、事件そのものが物語中に存在していたかどうか、それ自体、不確かなもののような気がしてなりません。この「事件」の本当の首謀者は、その真実を知っているのかもしれませんが・・・

私は「恐れ」「迷い」「不安」など、行動を妨げようとする自分の心のなかの、「恐怖」の象徴、それこそが「奴」という存在として現れたのだと考えております。今回の件もそうですが、何事も新しいことをする際には、何らかしらの不安や戸惑いはつきもの、それを「勇気」をもって振りきりなさい!と、そういうメッセージだったのではないかと?


「終わりに・・・・」

少しは、謎だらけの事件の解決に近づけたでしょうか?

ま、楽しいが一番!あとは、だいたいOK?w そういうことで!



今回はこのへんで〜



もっと楽しいを求め 旅する漁師
   Tai Cerberus 〆





どうやら気が付きにくいタイミングで追記してたらしくw
「ネタが埋もれちゃってるよ〜」と問い合わせいただいたのでw
サインネタの再利用w


普通に英語で!



ひらがなで!



魚拓風味!



某LS専用、漢字バトル風味!



──────────────────────────────────
事件屋助手のナシュの後日談は → こちら
続きを読む >>
| 珍獣 | イージス事件簿 | - | - | pookmark |
←back 2/11 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM